次回の講座<総社芸術祭2019の前夜祭として行う古代たたら製鉄の操業>

通算で110回目となる鬼ノ城塾4月講座は、第4回総社芸術祭2019の前夜祭として古代たたら製鉄の操業をやってほしいとの要請をいただき、4月講座として総社市役所東側のカミガツジプラザで「たたら」を行います。
塾長の林正実が村下(むらげ)職を務めます。

また操業当日の4月20日(土)の夕方からは操業を行う「たたら場」の横で、備中温羅太鼓と市民劇団「温羅」共演による、語りと歌と太鼓の舞台「吉備と黒金の物語」が演じられます。「たたら場」の横に、古代吉備の幻想的な風景が出現します。ご期待ください。


□日 時 平成31年4月20日(土)8時~21時
□教 室 総社市役所東側のカミガツジプラザ
□内 容 古代たたら製鉄の操業(村下は林正実)


予定では4月15日(月)に建屋の建設。16日(火)は資材の搬入。17日(水)~19日(金)の3日間で炉を築く。当日の20日(土)は朝の8時からフイゴによる送風を始めて操業に入ります。
多くの人でが必要です。ご支援をお願い申し上げます。